遺品整理の業者は思っているよりも便利だと気づこう

交渉を考える

値段交渉はお寺さんにお願いするのが一番

お葬式も無事終わり次に考えなければならないのが墓石になるはずです。やはり1周忌までには用意してあげたいものになります。私の父親が亡くなった時に感じたことは、お寺の事はお寺の住職さんに相談するのが一番だと言う事です。墓石ばかりではなく墓石を立てる敷地も必要だからです。石材店で敷地まで値段交渉は出来ません。住職さんに頼めば信頼のできる石材店を紹介、値段の交渉もしてくれます。お寺さんにとっても紹介料が入るので依頼するこちら側としても、お寺に寄付金を入れなくて済むと言う利点もあります。お互いに気持ち良く安価に済むか利点を追及すると石材店へ直接の発注よりもお寺さんを通しての発注はかなりお得ではないでしょうか。

墓石の平均的な金額は

墓石のみの金額ですと現在は150万円が平均とみられます。半額くらいでの物も中にはあるようですがコーキング作業が無かったり石がもろかったりすることがあります。大事な納骨部分が水浸しになる恐れがあります。勿論お寺さんで発注したものに関してはしっかりとメンテナンス付になっています。ただし5年もするとコーキングの寿命が来てしまいますので修繕費は掛かります。色々な面で考えると墓石の値段は形や石の種類、色により最低150万から200万円が必要になってきます。それが敷地込の金額になるのかは交渉次第です。どちらにしろ故人を大事に思う気持ちは金額には代えることは出来ませんが残った人たちにとっても優しい値段であって欲しいと思うのは私だけでしょうか。